早慶全員合格の勉強法

早稲田大学の政治経済学部など、難関の学部も合格した勉強法。 早慶合格保証制度を設けています。

少人数個別指導

無駄な一斉授業はせず個別で授業を進めていきます。無料の自習室もあります。

入塾時の基準はなし

入塾時の偏差値に基準はありません。やる気さえあれば誰でも早慶は合格出来ます。

絶対に早慶に合格したい。
どこまで出来るか試してみたい。
誰にも負けない結果を出したい。
そんな想いを持っている方を早慶に合格させる塾です。

塩尻市の少人数制学習塾の志青塾(しせいじゅく)です。
塾長の3人の子供は同じ学習方法で全員早慶に進学しています。

今年度より早慶文系学部への合格を目指す受験生の方の募集を行います。
「早慶への進学しか考えていない、絶対に早慶に行きたい」という強い気持ちを持っている方と合格に向かって進んでいきたいと考えています。

指導科目は、英語、国語、日本史、小論文です。
その他の科目で文系学部の受験をお考えの方もご相談下さい。

今年度の塾生は半年で慶應義塾大学の合格判定がEからBになりました。
一般的な予備校の取り組み方とは異なりますが、他と違うからといってそれが間違っているという事にはなりません。
むしろ、他の受験生と差をつけるためには、誰もやっていない取り組み方が必要ではないでしょうか?

水谷 勇揮(みずたに ゆうき)
松本市出身
慶應義塾商学部卒業
受験時には早稲田大学政治経済学部にも合格

早慶コースを担当する水谷です。
私が受験生の時には、どうやって勉強すれば早慶に絶対に合格できるのか?について日本で一番考えていた自信があります。それは、授業を受けずに誰よりも速く沢山の量を勉強することでした。


両親ともに長野県内の小中学校の教員という家庭で育ちました。(現在、父は志青塾の塾長をしています。)

兄が早稲田大学に通っていた事もあり、現役時には早稲田大学の法学部を受験しました。
ただ、現役時代の勉強は自分では勉強を「したつもり」になっていても、合格するための勉強量には程遠かったと思います。

単語帳は8割くらいの定着、赤本も1回問題を見ただけ、やるべき事は分かっているのに取り組めない状況です。
現役時の模試の判定は良くてもD判定で、受かればいいな、もしかしたら受かるかもしれない、という気持ちで受験に臨みました。

しかし、そんな中途半端な勉強では受かるはずもありません。
1つの学部しか受験しなかった私は浪人が決定しました。

周りの人たちからは君には早稲田は絶対に合格できないと言われていましたが、どうしても周りを見返したいという気持ちがとても強かったです。

自分の甘さを痛感し、浪人するのであれば誰よりも努力し、絶対に合格する自信をつけて試験に臨む準備をすると強く決めました。

勉強する時間を少しでも多くするために、予備校などには通わずに自宅で浪人する事を選びました。
10倍近い倍率でも合格するためには、他人と差をつける事が大切です。他の受験生が移動に使っている時間も、自分は勉強に充てるしかないと考え毎日勉強に取り組んでいました。

そのように1年間を過ごし、慶應義塾大学の商学部と早稲田大学の政治経済学部に合格することができました。
合格した時にはもちろん嬉しかったですが、ここまでやったんだから受かって当然だという気持ちもありました。

一般的には難しいとされていますが、早慶の試験でもここまでやれば必ず合格できるというラインが存在します。
同じように取り組んだ私の弟も、早稲田大学の政治経済学部をはじめ、法学部、商学部、教育学部など複数の学部に現役で合格しました。

浪人生活を経て感じた事は、他人がやらないところまで取り組めばどんな目標でも絶対に達成できる、という事です。
それがその後の人生でもとても大きな自信になります。
周りに何と言われても絶対にやり遂げる力をこの1年間でつけましょう。

志青塾(しせいじゅく)は塩尻と山形村に教室があります。
早慶受験生の方は塩尻教室に通って頂きます。
遠方の方はオンラインでの授業も可能です。


今年度で運営して9年目となります。
これまでは小中学生の指導を中心に行い、松本深志高校、松本県ヶ丘高校、諏訪清陵高校附属中学校、信州大学付属中学校などに生徒さんが合格しています。
小中学生向けホームページはこちら

学習の取り組み方で最も大切な事は、完璧になるまで参考書を仕上げる事です。
1冊の参考書に取り組んだら、これ以上学ぶ事がないというレベルまで何回も繰り返します。

使うものは書店で販売されている参考書で十分です。例えば、Z会の速読英単語必修編・上級編、ネクストステージ、東進日本史一問一答などです。
これらの参考書に繰り返し取り組み、全ての知識を習得します。

参考書を使って進めていくため、志青塾では集団授業を行いません。
志青塾で行う事は、定着の確認と内容の理解です。

一斉に行われる授業は各個人の学習の進度に関わりがありません。
また、ほとんどの内容は1年で1回か2回行われるだけですね。
学校の授業を思い出してみて下さい。
授業で習った内容は覚えては忘れ、覚えては忘れを繰り返し結局何も定着しません。

そうではなく、自分の頭で考えながら繰り返し繰り返し何度も参考書を読み込んでボロボロになるまで使い込む事に意味があります。

授業を受けたいのであれば、今ではスマホで視聴する事もできます。
しかし、多くの人は授業を受けても話を聞いて理解したつもり、覚えたつもりで終わってしまいます。
自分で考えて参考書を進めた方が速く進みますし、定着もします。

こうした考えから、志青塾では集団授業を行っていません。

1年間以上志青塾での指導に従って学習をして頂いたにも関わらず、
万が一早慶のいずれの学部にも不合格となってしまった場合、浪人時の授業料を全額免除致します。

ただし、合格保証には以下の条件があります。
・授業にきちんと出席すること
・決められた課題を全てこなし、学習の報告を行うこと
・早慶の文系学部を4学部以上受験すること
※体調不良などやむを得ない事情で欠席された場合は考慮致します。

画像をタップで拡大可能です。

以上の日程から週4時間お選び下さい。

通塾しない日もチャットや通話で質問をして頂けますので、疑問点を残さないようにできます。
自習室は毎日21時まで無料で利用可能です。
夏期講習、冬期講習などは行いません。

授業料

・入会金 20,000円
・高校1年生の方 週2時間(月8時間) 24,000円/月
・高校2,3年生の方 週4時間(月16時間) 35,000円/月

席が空いている日はこの時間以上に通塾して頂いて構いません。

入会金は冷暖房費、コピー代、オンラインの方は設備、通信費用に充てさせて頂きます。
授業料は毎月引き落としとさせて頂きます。

テキスト代、模試代は実費です。
入会金、授業料以外に費用は発生いたしません。
英作文や小論文の指導も上記の費用に含みます。

早慶合格に特別な才能は必要ありません。
毎日決まった課題を淡々とこなしていく事が合格への道です。

受験のテクニックは世の中にごまんとありますが、
単純な事を難しく考えて逆に分かりづらくなっていると感じます。

単語や文法を隅々まで覚える、日本語の用語を間違えずに書く、読解問題は要旨を抑える。
これらの積み重ねでしっかりと成績は上がっていきます。
難しく感じられる課題を切り分けて、繰り返し取り組んで覚えるというシンプルな作業を繰り返す。
それを誰にもできないレベルまで高めることが合格の全てです。

こうした取り組みに才能は要りません。
必要な事はどれだけ強い気持ちを持っているかという事です。
長い人生の中でたった一年間頑張るだけで、自分で道を拓いていく事ができるという自信が得られます。
それは本当に大きな財産になります。

受験勉強を誰よりも一生懸命勉強に取り組みたい、
他人には無理だと言われても自分の目標を絶対に達成したい、
そのように考えている方は一緒に頑張っていきましょう!

自宅で体験授業可能です。募集人数は6名です。
受験や学習に関する相談がある方は、チャットまたはメールで無料で相談を受け付けています。
・現在の学力からどのくらいの学習時間が必要なのか?
・まずは何から学習を開始すれば良いのか?
・いつまでにどれくらいの偏差値があれば早慶に確実に合格できるか?
など、気になっている事をご相談下さい。
教室にお越し頂き直接お話しさせて頂くことも可能です。

また、希望される方は1週間無料で体験をして頂けます。
チャットで学習課題を配信しますので、ご自宅からでも体験可能です。
体験期間後に改めて面談を行い、取り組んでいく覚悟がある方に入塾して頂きます。
相談・体験期間の費用は発生致しません。

無料体験のお申し込み

PAGE TOP
MENU